パサパサ髪はドライヤーで改善出来る!?

ドライヤーは、熱によって髪をパサパサにしてしまうイメージがありますが、正しい使い方であれば、そこまで髪にダメージを与えることはありません。

もちろん、他の原因によってパサパサ髪になってしまっている可能性もあるので、一概にドライヤーの使い方だけが問題ではありませんが、多くの人は間違ったドライヤーの使い方で髪を乾かしているので、注意しておきましょう。

>パサパサ髪の原因について詳しく確認する

また、お風呂上がりに自然乾燥をするのは、ドライヤーの熱よりも髪に大きな負担がかかるので、濡れた髪のまま放置するのは避けて、しっかりと乾かしておくことが大切です。

これからは、パサパサ髪を改善するドライヤーの効果や選び方について詳しく解説します。

ドライヤーの効果を高める使い方とは?

ドライヤーの本来の効果は、髪にツヤを出して綺麗に乾かし、パサパサ髪を予防することです。

その効果を高めるために、以下のポイントに注意してドライヤーを使いましょう。

タオルドライをしたらすぐに髪を乾かす

髪が濡れている状態が続くと、キューティクルが柔らかくなり、外部からのダメージを余計に吸収してしまいます

>キューティクルについて詳しく確認する

また、自然乾燥は頭皮や髪に雑菌が繁殖し、嫌な臭いの原因にもなりますので、タオルでよく髪を拭いた後は、なるべく早くドライヤーで髪を乾かすことが大切です。

ドライヤーを髪に近づけ過ぎない

髪の毛は、60度以上の熱を浴びると、細胞が変性して髪がパサパサになってしまいます。

よって、ドライヤーで髪を乾かす場合には、最低でも髪から20~30cm話した状態で髪を乾かすのがポイントです。

ドライヤーは髪の根元から使う

ドライヤーで毛先ばかりを集中的に乾かしてしまうと、根元に湿気がこもり、完全に乾かすことができません。

なので、髪を乾かす際には、湿気やダメージを与えないためにも、根元から中心にドライヤーをしてあげましょう。

冷風で最後に乾かす

ドライヤーで髪を乾かす際には、最後まで温風で乾かすのではなく、ある程度乾いてきたら冷風に切り替えて仕上げることが大切です。

冷風を髪に当てることで、キューティクルの状態を高め、髪にツヤを出す効果が期待できます。

パサパサ髪を予防するドライヤーの選び方とは?

風速と風量の高いものを選ぶ

パサパサ髪を改善するためには、髪が濡れている時間を短くすることが大切です。

風速

ドライヤーの風速は、10~14m/分のものが早く髪を乾かせるのでおすすめです。

風量

ドライヤーの風量は、1.3~2㎥/分のものを選び、速乾性の高いものを選ぶと良いでしょう。

ワット数で選ぶ

ワット数も髪が乾くスピードに関係しているため、ドライヤーを選ぶ際の重要なポイントです。

ただし、業務用のドライヤーになると、家庭で使えない場合があるので、大体1000~1200Wのものを選ぶと良いでしょう。

重さ

ドライヤーが重いと、どうしても手が疲れて髪と近い距離で乾かさなければなりません。

ドライヤーは、髪に近づけば近づく程、熱のダメージを受けてしまうので、パサパサ髪を改善しやすくするためにも、軽いものを選ぶことが大切です。

基本的にドライヤーの重さは、500~600gのものであれば、無理なく使うことができます。

温冷風の切り替え機能がついているか確認する

パサパサ髪は、何度も言うように、キューティクルの異常が原因になっているため、ドライヤーで乾かす際には最後に冷風で引き締めておくことが大切です。

冷風を乾かした髪の仕上げに使うだけで、髪は徐々にツヤを取り戻すので、ドライヤーも冷風と温風の切り替え機能が付いているものを選びましょう。

マイナスイオンのような性能の良さで選ぶ

現在販売されている多くのドライヤーには、ツヤ髪をキープ出来るようにマイナスイオンを放出する機能が備わっていますが、これはパサパサ髪を改善するのにとても良い効果があります。

特にヘアカラーやパーマを定期的に行っていると、髪がまとまらなくなり、広がってしまうので、どうせ選ぶのであれば、マイナスイオン機能のあるドライヤーを選ぶことが大切です。

ドライヤーで乾かすときに使うおすすめ商品3選!

ドライヤーは、パサパサ髪を改善するために、選び方や使い方を見直す必要がありますが、以下のブローブラシを使うことで、より効率的に髪にツヤを与えてくれるのでおすすめです。

メイソン ピアソン

メイソン ピアソンのブラシは、ロンドンの職人によって全工程手作業で作られているので、値段は高いのが特徴です。

しかし、猪毛100%となっているため、ブローブラシとしてドライヤーと使うと髪がパサパサになるのを予防してくれます。

また、猪毛は弾力性があるので、使い心地が良く、多くの女性に愛用されており、コスパを考えてもおすすめな商品と言えるでしょう。

>メイソンピアソンブラシの口コミを確認する

デンマンブラシ

デンマンのブラシは、古くから世界中で愛用されている有名なブラシですが、形はクッションブラシのように先端が丸く、ピンも硬いのが特徴です。

ピンが硬いので、ブローブラシに使える上、ドライヤーで濡れた髪を乾かした後でも丸洗いがしやすいのがメリットと言えるでしょう。

>デンマンブラシの口コミを確認する

アヴェダ パドルブラシ

アヴェダのパドルブラシは、頭皮マッサージに活用できる大きなサイズのブラシとなっています。

また、ブラシの土台のクッション性が高いので、髪の毛を梳くとふんわりとした仕上がりになり、ボリュームアップに効果が期待できます。

>アヴェダブラシの口コミを確認する

ドライヤーのおすすめ商品4選!

最後に、ヘアケアに重要なドライヤーのおすすめ商品を4つ厳選して紹介します。

ダイソン ドライヤー

世界の掃除機メーカーで有名なダイソンですが、ドライヤーも販売しており、速乾性が高いので、現在では大人気商品となっています。

また、2.4㎥/分という大風量なのに、温度が高くなりすぎないので、ヘアダメージを軽減できます。

>ダイソンドライヤーの口コミを確認する

ノビー ドライヤー

ノビーのドライヤーは、数種類ありますが、どれも風量が強いので、早く髪の毛を乾かしたいという方にぴったりの商品です。

また、どれも業務用のヘアドライヤーとなっていますが、マイナスイオンの放出量も多いので、パサパサ髪の改善に役立ちます。

>ノビードライヤーの口コミを確認する

パナソニック ドライヤー

パナソニックのドライヤーは、ナノケアを始めとした多くのヒット商品がありますが、どれも髪にツヤが出ると話題の商品です。

それは、パナソニックが独自に開発した「ナノイー」というナノサイズのマイナスイオンが理由で、髪をサラサラする高い効果が期待できます。

>パナソニックドライヤーの口コミを確認する

シャープ ドライヤー

シャープからもたくさんのドライヤーが販売されていますが、どれもプラズマクラスターが発生する優秀な商品です。

プラズマクラスターが発生することで、髪がサラサラになり、頭皮のケアも行うことができるため、髪のパサパサが気になるという方は試してみることをおすすめします。

>シャープドライヤーの口コミを確認する