パサパサ髪が改善するアウトバストリートメントとは?

皆さんは、アウトバストリートメントを知っていますか?

アウトバストリートメントとは、その名前の通り、お風呂から出た後につける「洗い流さないトリートメント」のことで、パサパサ髪の改善に繋がるヘアケア商品です。

現在では、アウトバストリートメントをヘアケアに取り入れている方も多いので、たくさんの種類が様々なメーカーから販売されています。

>アウトバストリートメントの種類について確認する

これからは、アウトバストリートメントを詳しく知らない方のために、詳しい効果と使い方について説明します。

アウトバストリートメントの効果と役割について

アウトバストリートメントは、お風呂の中で使う洗い流すトリートメントと違い、以下のような効果が期待できます。

  • 髪にツヤを出してパサパサ髪を改善する
  • ドライヤーの熱から髪の毛を守る
  • 紫外線ダメージを予防する
  • 髪の水分量を整える
  • 髪をまとまりやすくして、湿気に強くする
  • 不足している髪の栄養分を補充する
  • 髪の毛の絡まりをなくす

>ドライヤーの熱から守る洗い流さないトリートメントについて確認する

このように、アウトバストリートメントは、洗い流さないことによって期待できる効果が多く、美容院でも使用されているのが特徴です。

また、選び方としては、自分の髪の太さや毛質によって変えるだけで良いので、髪につけた後の仕上がりを見て綺麗に馴染むものを選びましょう。

アウトバストリートメントの使い方と注意すべきポイントとは?

アウトバストリートメントは、それぞれの髪の状態に合わせて使い方を変えると良いでしょう。

アウトバストリートメントの使い方

髪のパサパサが酷いときはお風呂上がりの濡れた髪につける

アウトバストリートメントは、濡れた髪につけることで、美髪成分の浸透力が高まるので、髪がパサパサする方や乾燥している季節にはお風呂上がりに付けることをおすすめします。

朝のスタイリングに使う

朝は髪が特にパサパサして、寝癖がついていたりすることもありますよね。

キープできるスタイリングに重要なのは、髪の水分と油分のバランスを整えてあげることなので、ここでもアウトバストリートメントの出番です。

アウトバストリートメントをスタイリング剤として代用することで、髪の補修もできる上、外出時に受ける紫外線ダメージを予防することができます。

また、スタイリングを特に行わない場合は、朝にシュッとスプレーやミストタイプのアウトバストリートメントを髪にふってあげるだけでも、いい匂いの優しい香水代わりになりますよ。

アウトバストリートメントを使う際の注意点

頭皮につけない

アウトバストリートメントは、スカルプタイプであれば頭皮につけても問題ないのですが、基本的には頭皮につけるものではないので、注意しておきましょう。

特に髪が短いという方であれば、頭皮につきやすいので、しっかりとまずは手の平で伸ばし、髪の毛先から中心につけていくようにして下さい。

使用量と使用期限を守る

パサパサ髪を早く改善するために、アウトバストリートメントをメーカーの使用量以上につける方がいますが、ベタつきや毛穴詰まりの原因になるので髪には逆効果になってしまいます。

また、仕上がりも重たい印象になってしまいますので、付けすぎはどちらにせよあまりおすすめできません。

何事もやり過ぎは良くありませんので、使う際には、きちんとアウトバストリートメントの使用量や使用期限には注意しておきましょう。

> アウトバストリートメントの使い方と使用期限について確認する

アイロンやコテを使う前には使用しない

ヘアアイロンやコテで髪をスタイリングする直前にアウトバストリートメントをつけると、熱によってトリートメントが焦げてしまいます。

余計なヘアトラブルを招かないためにも、ヘアアイロンやコテはアウトバストリートメントをつけた後に時間を置いてから行いましょう。

まとめ

アウトバストリートメントは、お風呂で普段から使っている洗い流すトリートメントで出せない効果が期待できます。

特にパサパサ髪の方は、放置しておくと切れ毛や枝毛の増加に繋がってしまいますので、早めにアウトバストリートメントでダメージを補修してあげましょう。

>髪がパサパサする原因について詳しく確認する