パサパサ髪の改善に役立つ「トリートメント」とは?

トリートメントとは、コンディショナーと違い、髪の内部まで美容成分を浸透させることが出来るのが特徴です。

また、最近では洗い流さないタイプのトリートメントもあるので、しっかりとこちらで効果の違いを確認しておきましょう。

特にトリートメントを普段から使っているのに、パサパサ髪になるという方は、使い方が間違っている場合があるので、注意が必要です。

これから、トリートメントについて詳しく解説します。

種類別に行うトリートメントの効果と正しい選び方とは?

上記の通り、トリートメントには、お風呂で洗い流すタイプと洗い流さないタイプの2種類があります。

どちらの種類もパサパサ改善に役立ちますが、選び方としては以下のようになるので、確認しておきましょう。

洗い流すトリートメント

洗い流すトリートメントは、髪のダメージを改善するというよりは、髪を傷みにくい状態に戻す効果があり、日頃のダメージを予防したいという方におすすめです。

コンディショナーは、髪の毛のコーティングをするだけで、トリートメントのようなダメージ予防効果は期待できません。

洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントは、洗い流さない分、ダメージ補修効果が高いので、多少の髪の傷みが気になる方にはおすすめです。

>洗い流さないトリートメントの効果について詳しく確認する

洗い流すトリートメント+洗い流さないトリートメント

髪がパサパサしたり、傷みが酷い場合は、洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントを併用して使いましょう。

特に定期的に白髪染めやヘアカラーをする方であれば、洗い流さないトリートメントやカラートリートメントで少しでもダメージを和らげてあげることが大切です。

>カラートリートメントについて詳しく確認する

トリートメントの使い方とは?使用期限はあるの?

次に、トリートメントの使い方と使用期限について解説します。

トリートメントの使い方

洗い流すトリートメントは、シャンプー後に行い、コンディショナーよりも前に行うことが大切です。

そして、髪をすすぐ際には、トリートメント剤の洗い残しがないように、時間をかけて入念に行いましょう。

また、洗い流さないトリートメントの場合は、美容成分が浸透しやすいタオルドライ後の濡れた髪につけるのが最も効果的です。

トリートメントの使用期限

トリートメントは、洗い流すタイプや洗い流さないタイプのものに関わらず、未開封で3年以内、開封後は3ヶ月以内で使いきるようにして下さい。

特に無添加のトリートメントの場合は、その分使用期限が短くなってくる場合もあるので、購入時に一度メーカーに確認しておきましょう。

そして、保管は高温多湿な場所で行わず、なるべくは涼しく風通しの良い場所で行うことが大切です。

トリートメントのおすすめ商品3選!

次に、トリートメントの中でも効果が高いことで話題になっている、おすすめ商品を3つ紹介します。

フォルム アウトバストリートメント

フォルムのアウトバストリートメントは、パサパサで広がる髪にまとまりを与え、スタイリングのしやすい髪にする効果が期待できます。

>アウトバストリートメントとは?

また、洗い流さないトリートメントなので、通常のトリートメントよりもダメージ補修率が高く、酷く傷んだ髪の方にもおすすめです。

そして、フォルムのアウトバストリートメントは、オイル、スキャルプエッセンス、クリームの3種類があるので、それぞれの髪質に合ったものを選ぶことができます。

フォルムはアウトバストリートメントのみでなく、シャンプーやコンディショナーも販売されているので、セットで購入して使うのも良いでしょう。

>フォルムのコンディショナーの口コミを確認する

ピンククロス アロマトリートメント

ピンククロスのアロマトリートメントは、洗い流すタイプのトリートメントでノンシリコンなのが特徴です。

>ノンシリコンとシリコンの効果の違いを確認する

また、ヒアルロン酸を配合しているので、高い保湿効果が期待できます。

>ヒアルロン酸の効果について確認する
>ピンククロスのトリートメントの評価や価格について確認する

チャップアップトリートメント

チャップアップは、育毛剤で有名なメーカーですが、トリートメントも販売されており、10種類のオーガニックエキスを配合していてノンシリコンなのが特徴です。

髪に優しいだけでなく、ローズの香りなので、頭皮の加齢臭を抑え、髪にハリとコシを出す効果が期待できます。

>チャップアップのトリートメントの評価や価格について確認する