市販のシャンプー成分は実は危険な場合も!?

多くの人が利用している市販のシャンプーの中には、実は危険な成分が配合されています。

そのため、敏感肌や乾燥肌の人が危険な成分が配合されているシャンプーを利用すると、頭皮に刺激を感じたり、かゆみや炎症が起こる可能性があります。

しかし、危険な成分を知らない人は、購入前に成分を確認してもどれが悪いのか分かりませんよね。

髪のケアをしっかりと行うためにも、シャンプーの危険な成分について把握しておきましょう。

また、シャンプーだけではなく、コンディショナー、トリートメント、洗い流さないトリートメントに危険な成分は配合されているのかについても徹底解説します。

シャンプーに配合されている危険な成分まとめ

それでは、さっそくシャンプーの危険な成分を詳しく解説します。

シリコン

シリコンは、髪をコーティングするための成分で、市販の安価のシャンプーに配合されています。

しかし、シリコンは水で落ちにくい性質があるので、頭皮に付着すると毛穴詰まりが起こる可能性があります。

また、シリコンは傷んだ髪の指通りを良くする効果がありますが、パーマやカラーを定期的にしている人は、シリコン配合のシャンプーやコンディショナー
使用するとパーマやカラーが入りにくくなるので注意しておきましょう。

このようにシリコンは、危険を招く成分ではありますが、洗い残しがないようにしっかりと髪を濯ぐことで、毛穴詰まりによるヘアトラブルを予防することができます。

>ノンシリコンとシリコンの効果の違いを確認する

ラウレス硫酸

ラウレス硫酸は、洗浄成分としてシャンプーに配合されていることがあります。

しかし、ラウレス硫酸は洗浄力が強いので、頭皮必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮のバリア機能が低下させてしまいます。

頭皮のバリア機能が低下してしまうと、紫外線や摩擦によるダメージを受けやすくなるため、頭皮トラブルが起こりやすくなるのです。

現在では、ラウレス硫酸は髪に悪いというイメージが広まっているので、ラウレス硫酸を配合したシャンプーはほとんどありません。

>ラウレス硫酸の効果について確認する

ラウリル硫酸

ラウリル硫酸は、ラウレス硫酸と似た成分なので、洗浄力が高く、頭皮環境を整えるために必要な常在菌さえも殺してしまう場合があります。

よって、敏感肌の人や乾燥肌の人は、肌質に合わないことがありますので注意しておきましょう。

>ラウリル硫酸の効果について確認する

トリートメントやコンディショナーの危険な成分とは?

シャンプーに限らず、トリートメントやコンディショナーにも危険な成分が配合されていることがあります。

トリートメントやコンディショナーの危険成分として気を付けるべき成分は、石油系成分や化学物質です。

そもそも、シャンプー後のトリートメントやコンディショナーは、髪に効果のある美容成分だけでなく、保存料や合成着色料を配合しているものもあります。

それらの成分は、頭皮に強い刺激となり、炎症や抜け毛の原因に繋がることがあるので、気をつけておくことが大切です。

また、トリートメントには、上記で紹介した硫酸系の成分が配合されていることもあるので、購入前に成分表をきちんと確認しておきましょう。

>トリートメントの効果と選び方について確認する

洗い流さないトリートメントで考えられる危険な成分とは?

洗い流さないトリートメントは、髪の保湿やダメージケアを行うことができるのが特徴です。

>洗い流さないトリートメントの効果と選び方を確認する

しかし、そんな洗い流さないトリートメントにも合成成分が配合されていることがあります。

よって、安心して使用したい人は、天然成分で作られた洗い流さないトリートメントがおすすめです。