シャンプーとリンスを混ぜるとどうなるの?

シャンプーとリンスを別で行うのが面倒だと思う人の中には、両方を混ぜて使用したり、リンスインシャンプーを使ったりする方もいるかと思います。

確かに、シャンプーとリンスを混ぜることで、ヘアケアの手間を省くことができるのでかなり楽ですよね。

しかし、市販のシャンプーとリンスを混ぜるのは、お互いの効果を消し合ってしまうので、あまりおすすめできません。

また、人によっては、髪の絡まりやベタつきを感じることもあるため、注意しておきましょう。

よって、これからはシャンプーとリンスを混ぜるとどのようになるのかについて詳しく解説します。

シャンプーとリンスを混ぜると効果が消させる理由とは?

シャンプーとリンスを混ぜるとヘアケアの効果が高まるイメージがあるかもしれませんが、結果から言うと効果が高まることはありません。

上記の通り、シャンプーとリンスを混ぜるとお互いが効果を打ち消し合ってしまうのです。

なぜ効果がなくなるのかというと、それはシャンプーとリンスが作るイオンの違いにあります。

まず、シャンプーは髪のイオンがマイナスになるため、水に濡れると髪が絡まりやすくなります。

そのため、シャンプーだけでは髪が絡まりやすく、パサパサ髪になってしまうのです。

>パサパサ髪の原因について確認する

そこで、多くの人がシャンプー後にリンスを使用するかと思いますが、リンスは髪のイオンをプラスに戻すため、しっとりとサラサラの髪にしてくれます。

よって、シャンプーとリンスを混ぜるとイオンのマイナスとプラスを単純に混ぜた状態になるので、どちらの効果も実感できなくなってしまうというわけです。

コンディショナーなら大丈夫?

コンディショナーの場合も、シャンプーと混ぜるとリンスと同じように効果が無くなってしまいます。

そのため、混ぜて使用するのではなく、通常通りにシャンプー後にコンディショナーで髪の表面をコーティングしてあげるのがおすすめです。

どうしても混ぜて利用したい人は、すでに配合されて販売されているリンスインシャンプーを利用すると良いでしょう。

>シャンプーとコンディショナーを混ぜるとどうなるか確認する

おすすめのリンスインシャンプーとは?

上記の通り、市販のシャンプーとリンスを混ぜるのは髪に逆効果になってしまうので、時短で髪を洗いたいという方には、成分が調整されて開発されている市販のリンスインシャンプーを使用するのがおすすめです。

スパヒノキシャンプー

スパヒノキシャンプーは、ノンシリコンのオーガニックシャンプーです。

>ノンシリコンとシリコンの効果の違いについて確認する

こちらは、リンスインシャンプーとしても利用することができ、ボディソープとしても使うことができるのが最大の魅力です。

また、アロマの香りでリラックス効果もあり、女性に人気のリンスインシャンプーとなっています。

馬油リンスインシャンプー

馬油リンスインシャンプーは、馬油とアルガンオイルを配合しているので、髪の保湿をしっかりと行うことができます。

また、オイルが配合されているシャンプーですが、髪や頭皮がベタつくこともないので、誰でも使用しやすいシャンプーです。

海のうるおい藻リンスインシャンプー

海のうるおい藻リンスインシャンプーは、海藻成分を11種類も配合しており、栄養不足で細くなった髪を補修する効果が期待できます。

>栄養不足によるパサパサ髪の原因について確認する

また、価格も安いので気軽に試すことのできるリンスインシャンプーなのも嬉しいポイントです。

まとめ

シャンプーとリンスは混ぜることで、せっかくのお互いの効果が無くなってしまいます。

そのため、混ぜて使用するのではなく、別々で使用するようにしておきましょう。

混ぜて使用したい人は、既に混ざってあるリンスインシャンプーを利用するのがおすすめです。

リンスインシャンプーに配合されているシャンプーは、水に溶けにくいものがしようされているため、効果が無くなる心配もありません。