コンディショナーは代用できるの?

そもそもコンディショナーは、シャンプー後に髪のコーティングをするため、パサパサ髪の予防にとても大切な役割を果たしています。

しかし、シャンプーと比べて減りにくいコンディショナーは、よく買い忘れてしまう人もいるかと思います。

ただ、コンディショナーが無いからとシャンプーだけで済ませてしまうと、髪がキシキシしたり、毛先がパサパサしてしまうので、傷ませないためにも髪の毛はコーティングしておかなければなりません。

>髪がパサパサになる原因について確認する

そこで、これからはコンディショナーがきれたときの代用について紹介していきます。

コンディショナーの代用になるものとは?

それではさっそく、コンディショナーの代用になるものを紹介します。

マヨネーズ

食品を髪に付けるのは、抵抗がある人もいるかと思います。

しかし、マヨネーズは食べられるものなので、コンディショナーの代用にしても頭皮トラブルが起こる心配がありません。

また、洗い上がりにマヨネーズの香りが髪に付くことはありません。

マヨネーズは、コンディショナーの代用として安心して使用することができる上に、髪にツヤを出す効果があります。

そのため、自宅に賞味期限切れのマヨネーズがある場合は、捨てずにコンディショナーの代用として使用するのが良いでしょう。

洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントは、ダメージ補修に役立つ成分がたくさん配合されているため、髪の指通りを良くしてくれるアイテムとなっています。

よって、コンディショナーがない場合には、シャンプー後にタオルドライをして洗い流さないトリートメントを使用しておくと良いでしょう。

>洗い流さないトリートメントの効果や選び方について確認する

その他にも以下のもので、コンディショナーの代用をすることが可能です。

  • ボディクリーム
  • 化粧水や乳液のサンプル
  • ハンドクリーム

また、化粧品のサンプルであれば、美容成分も配合されているので、コンディショナーの代用品として最適です。

余ったコンディショナーは柔軟剤として代用しよう!

上記の通り、コンディショナーはさまざまなもので代用することが出来ますが、その反対に、シャンプーを先に使い切ってしまってコンディショナーが余ることがあるかと思います。

同じ種類を詰め替えて使用する場合には問題ありませんが、違う種類のシャンプーとコンディショナーに詰め替える際には、余ったコンディショナーを洗濯時の柔軟剤として代用することをおすすめします。

そもそもコンディショナーの成分は、柔軟剤とほとんど同じなので、水にコンディショナーを溶かすことで柔軟剤の代用品になります。

また、揉み洗いが必要な衣類の洗濯の際にも大活躍しますので、余ったコンディショナーは捨てないようにしておきましょう。

セーターの縮み解消に!

ウール素材のセーターは、洗濯していると次第に縮んできてしまいますが、そんなオシャレ着にもコンディショナーが効果的です。

まず洗面器に水を入れ、大さじ1杯のコンディショナーを溶かし、そこへセーターを浸してあげましょう。

コンディショナーを溶かした水の中で、セーターを優しく伸ばすことで洗濯による縮みを解消することができますよ。

化粧落としの代用にも!

女性であれば、旅行やお泊りのときに欠かせないのが化粧落としですよね。

旅行先でメイク落としを忘れた場合には、コンディショナーをタオルやコットンに馴染ませて拭くと化粧を綺麗に落とすことが可能です。

まとめ

コンディショナーがないときは、マヨネーズや洗い流さないトリートメントなどで代用することができますので、コンディショナーを買い忘れた際には試してみると良いでしょう。

また、コンディショナーが余って困ったときは、そのまま捨てるのではなく、柔軟剤として代用するのがおすすめです。