シャンプーとコンディショナーを混ぜるとどうなるの?

シャンプーとコンディショナーは、そもそも別々に使用するものですが、効率良く髪のケアをするために、混ぜて使用しているという人も少なくありません。

しかし、シャンプーとコンディショナーを混ぜて使用するのは、効果が半減してしまうため、あまりおすすめできません。

「リンスインシャンプーもあるから大丈夫」という意見もありますが、シャンプーにコンディショナーを混ぜると両方の効果がなくなってしまいます。

>シャンプーの効果について詳しく確認する

そのため、混ぜると頭皮のケアをしっかりとすることができなくなり、最悪の場合は、かゆみやニキビなどのヘアトラブルの原因に繋がります。

シャンプーとコンディショナーは混ぜるのは髪に悪い!

上記の通り、シャンプーとコンディショナーを混ぜると両方の効果が無くなってしまいます。

そもそも正しくは、シャンプーをして髪のイオンをマイナスにしてから、その後にコンディショナーで髪についたイオンをプラスにするという流れが出来ているのです。

そのため、シャンプーにコンディショナーを混ぜると両方の効果が無くなり、シャンプーとコンディショナーの効果自体を実感することができません。

そこで疑問となってくるのが、市販のリンスインシャンプーの効果ですが、それらはお湯で溶けにくいリンスを使用して作られているため、効果が損なわれないようになっているのが特徴です。

また、シャンプーとコンディショナーを混ぜると、コンディショナーの効果が勝ってしまい、髪がベタついてしまうこともあるので、仕上がりを考慮しても混ぜて使わない方が良いでしょう。

シャンプーとコンディショナーに混ぜると良いものとは?

上記の通り、シャンプーとコンディショナーを一緒に混ぜるのはお互いの効果を消し合ってしまうのでおすすめできません。

そこで、これからはヘアダメージ補修にもおすすめのシャンプーやコンディショナーに混ぜるべきアイテムについて解説します。

アロマ

アロマにはさまざまな種類がありますが、自分好みの香りのするアロマを普段使っているシャンプーやコンディショナーに混ぜることで、バスタイムのリラックス効果が期待できます。

そもそもアロマには、ストレス解消効果があるため、日頃から疲労が溜まっているという方にはおすすめです。

はちみつ

はちみつは、美容効果が高いことで有名ですよね。

そんな、はちみつをシャンプーかコンディショナーに混ぜることで、美容成分を髪に浸透しやすくすることができます。

混ぜる量は、少量で良いので、多く入れ過ぎないように注意しておきましょう。

また、はちみつに含まれるアミノ酸やミネラルは、髪を健康にするためには欠かせない成分なので、毎日使用することで髪にツヤを出したいという方にもおすすめです。

さらに、はちみつには殺菌作用があるため、頭皮のにきびや炎症を予防するには最適なアイテムと言えるでしょう。

まとめ

シャンプーとコンディショナーは、混ぜても両方の効果が高まることはありません。

しかし、ワックスやスプレーで固めた髪をほぐすときは、シャンプーとコンディショナーを混ぜて使用すると表面が溶けやすくなるので、試してみると良いでしょう。

このように、シャンプーとコンディショナーを混ぜたからといって特に副作用が起きるというわけではありませんが、人によっては髪にベタつきやかゆみを感じる可能性があるので、どうしても時短で髪を洗いたいという方はリンスインシャンプーを使用することをおすすめします。

>おすすめのリンスインシャンプーについて確認する