髪の保湿に欠かせないヒアルロン酸(hyaluronic acid)とは?

ヒアルロン酸と聞くと、肌に良い成分というイメージが強いのですが、実は髪のケアにも有効な成分となっています。

また、ヒアルロン酸自体、元々体内に存在する成分で、保水力に優れているのが特徴です。

詳しくは、ヒアルロン酸1gで、約水6Lもの保水力があると言われています。

そんな、ヒアルロン酸は、身体に必要な成分のひとつですが、傷みやすい髪のケアやダメージ予防にも効果があるので、これからヒアルロン酸の詳しい効果や副作用の危険性について解説します。

ヒアルロン酸の効果とは?

それでは、さっそくヒアルロン酸の効果について説明していきます。

保湿効果

ヒアルロン酸は、優れた保水力があるので、髪に潤いを与えることができます。

髪は、乾燥すると髪がパサパサになり、ダメージを受けやすくなるため、ヒアルロン酸を配合した保湿効果のあるシャンプーでしっかりとしたケアを行いましょう。

>髪がパサパサになる原因について確認する

また、髪が潤うと髪に自然なツヤが出るようになり、シャンプー後に髪がキシキシする心配もありません。

髪の保護

髪は乾燥してしまうと、寝ている際に枕と髪に摩擦が起こるので、どうしてもダメージを受けてしまいます。

しかし、髪をヒアルロン酸で保湿しておくことで、乾燥やダメージから髪を守ることができるため、保護するためにもヒアルロン酸がおすすめです。

>髪が乾燥する原因について確認する

頭皮環境の改善

頭皮環境が悪化してしまうと、髪に栄養が届きにくい状態になり、髪が細くなったり、パサパサになる原因に繋がります。

よって、紫外線ダメージを受けやすい頭皮の保湿も一緒にすることができるヒアルロン酸配合のシャンプーがおすすめです。

ヒアルロン酸の副作用の危険性とは?

上記の通り、ヒアルロン酸は、もともと体内にある成分なので、副作用が起こる可能性はほとんどありません。

また、ヒアルロン酸は、シャンプーの成分としても使用されていますが、美容成分として注射で体内に摂取することもできる成分です。

そのため、比較的安全な成分で、副作用の報告はありません。

しかし、体内にある成分だから安全といって、過剰摂取してしまうと肝臓と腎臓に負担をかけてしまいます。

ヒアルロン酸配合のシャンプーを毎日使用しても過剰摂取になることはないので、副作用の心配をする必要はないでしょう。

ヒアルロン酸を使用している代表商品とは?

これから、ヒアルロン酸を使用した代表商品を紹介します。

アスタリフト シャンプー

富士フィルムから販売されているアスタリフトのシャンプーには、髪の保湿成分としてヒアルロン酸とコラーゲンが配合されているのが特徴です。

また、アスタリフトはこの他にも美髪成分がたくさん使用されているため、主に髪が細くてハリのない髪の改善に高い効果が期待できます。

>アスタリフトの口コミについて確認する

ラピデム S&Aシャンプー

ラピデムのS&Aシャンプーは、通常よりも髪に浸透しやすい「加水分解ヒアルロン酸」を配合しています。

よって、髪の保湿効果がとても高く、髪が長い女性に人気が高いのが特徴です。

>ラピデムS&Aシャンプーの口コミを確認する

コーセー ジュレームシャンプー

コーセーのジュレームシャンプーは、ヒアルロン酸や植物オイルを配合しており、保湿効果が優れているシャンプーです。

また、ノンシリコンなので、洗い上がりもスッキリとしてサラサラになります。

>ノンシリコンとシリコンの効果の違いを確認する

ジュレームシャンプーは、果実の香りも女性に人気のポイントです。

SIZUKA

SIZUKAのシャンプーは、ヒアロオリゴというヒアルロン酸の3倍の保湿効果がある成分を配合したシャンプーです。

そのため、ダメージ毛に保湿成分が浸透して、髪の内部からダメージケアをすることができます。

また、アミノ酸系シャンプーなので、頭皮にも優しい洗浄力なのが特徴です。

ミューネシャンプー

ミューネシャンプーは、頭皮ケアもできるシャンプーで、健康な髪が生えやすい環境を作ることができます。

また、合成着色料フリーなので、頭皮や髪の刺激となる成分も含まれておらず、敏感肌の人でも安心して使用することが可能です。

洗い終わった仕上がりもしっとりとするので、髪が乾燥しやすい人におすすめのシャンプーです。