シャンプーに配合されているパラベン(Paraben)とは?

パラベンとは、シャンプーや化粧品などの防腐剤として最も使用されている成分です。

そもそもシャンプーは、高温多湿の場所で保管するため、長期間安全に保管するためにパラベンが配合されていますが、一方では肌に悪影響を与えてしまうといったことも考えられます。

パラベンに限らず、その他の防腐剤でも人によっては、肌に刺激を感じる可能性がありますが、ヘアトラブルを招かないためにもシャンプー成分の危険性については知っておくことが大切です。

>シャンプーに配合されている危険な成分まとめ

よってこれからは、パラベンの効果や副作用の危険性について詳しく解説します。

パラベンがシャンプーにもたらす効果とは?

シャンプーの成分表でよく見かけるパラベンは、シャンプーを腐敗から守るための防腐剤の効果があります。

そのため、シャンプーに限らず、化粧品にも配合されていることがあるのです。

また、パラベンは肌に悪く、頭皮トラブルを起こす原因になると言われていますが、使用可能なパラベンの量は決まっているため、アレルギーを起こす可能性の低い防腐剤と言えるでしょう。

その反対に、パラベンを一切使用していないシャンプーは、空気に触れると劣化が進むため早く使い切る必要があり、保管方法を間違ってしまうと逆効果になる可能性が高いのも事実です。

上記の通り、パラベンは使用量が決められている旧指定成分ですが、他の防腐剤は使用量が制限されていないものもありますので、アレルギーや副作用などの症状が起こるリスクは必ずしもパラベン以外だから低くなるといったこともありません。

パラベン配合のシャンプーで考えられる副作用の危険性について

パラベンは、防腐剤なので人体に悪いと言われていますが、少量のパラベンでは副作用の症状が起こる可能性はかなり低いのが特徴です。

ただしパラベンは、人間の身体には存在しない成分なため、頭皮から体内に蓄積して病気を引き起こす危険性も考えられます。

主なパラベンの副作用としては、シャンプーの場合、頭皮トラブルの湿疹やかゆみが挙げられます。

そのため、安全性を考えるのであれば、パラベンやその他の防腐剤を一切使用していないオーガニックや無添加のシャンプーを選ぶことをおすすめします。

パラベンを使用している代表商品とは?

上記の通り、防腐剤の効果のあるパラベンは、以下のような市販の安価なシャンプーや化粧品に使用されていることがあります。

  • パンテーン
  • ラックス
  • ツバキ

また、赤ちゃんのおしりふきの防腐剤として使用されていることもあるので肌が敏感な赤ちゃんのためにも成分表はしっかりとチェックしておきましょう。

しかし、最近では「パラベン=肌に悪い」というイメージが強くなっているため、パラベンを配合したシャンプーは減っているのも現状です。