ラウリル硫酸Na(Lauryl sulfate Na)とは?

ラウリル硫酸Naは、界面活性剤と言われるもので、シャンプーや歯磨き粉に配合されていることがあります。

このラウリル硫酸Naは、洗浄力が高く、泡立ちも良くなるのが特徴で、市販の安いシャンプーに配合されていることが多くありますが、人によっては頭皮トラブルが起きる可能性があるため注意が必要です。

さらに、ラウリル硫酸Naは水に溶けやすく、ヘアケアやスキンケア商品などに日常的に使用するものに多く利用されています。

これから、そのラウリル硫酸Naの詳しい効果や副作用の危険性について説明します。

ラウリル硫酸Naの効果と効能とは?

市販のシャンプーの成分表で見かけることもある「ラウリル硫酸Na」の効果や効能について説明します。

泡立ちが良くなる

ラウリル硫酸Naをシャンプーに配合することで、泡立ちが良くなって頭皮の汚れをしっかりと落とすことができるようになります。

脂性肌の人であれば、皮脂が分泌されやすいので髪がベタつきやすくなるため、洗浄力が強いラウリル硫酸Naを配合したシャンプーがおすすめです。

安く購入できる

ラウリル硫酸Naを配合したシャンプーや歯磨き粉は、安価で購入することができます。

そもそもラウリル硫酸Na自体が安い素材であるため、コストを抑えることができ、安く販売することができるのです。

浸透しやすい

ラウリル硫酸Naは、分子が小さいのが特徴で、皮膚に浸透しやすくなっています。

そのため、シャンプーや化粧品にも配合されており、皮膚までしっかりとケアをすることができます。

皮脂や汗汚れの除去

洗浄力の高いラウリル硫酸Naは、毛穴に詰まった皮脂汚れもしっかりと落とすことができます。

よって、洗い上がりがスッキリするのが特徴です。

ラウリル硫酸Naの副作用とは?

ラウリル硫酸Naは、合成界面活性剤なので、刺激が強く、ラウリル硫酸Naを配合したシャンプーを使用すると、敏感肌や乾燥肌の人の場合、かゆみやフケなどの頭皮トラブルが起こる危険性があります。

>シャンプーの危険な成分について確認する

また、分子が小さいラウリル硫酸Naは、皮膚に浸透しやすい分、経皮毒になることもあるので注意が必要です。

さらに洗浄力が高いラウリル硫酸Naですが、頭皮に必要な皮脂も一緒に洗い流してしまうこともあり、頭皮が乾燥しやすくなるので、一概に良い成分とは言えません。

人によっては、ラウリル硫酸Naを配合したシャンプーを使用すると髪が乾燥してパサパサになってしまうことがあるので、気をつけておきましょう。

ラウリル硫酸Naを配合した代表商品

上記の通り、ラウリル硫酸Naは安価な素材なので以下のような市販の安いシャンプーによく配合されています。

  • パンテーン
  • H&S
  • アジエンス
  • セグレタ
  • トニック

よって、市販のラウリル硫酸Naを配合したシャンプーは、人によって肌質に合わないことがありますので注意しておきましょう。

洗浄力の高いラウリル硫酸Naは、シャンプー以外にも歯磨き粉やのボディソープなどの商品にも配合されていますが、副作用が心配な人は事前に成分表の確認をすることをおすすめします。

まとめ

ラウリル硫酸Naは、悪い成分と思われがちですが、用法・用量を守っていれば問題なく使用することができます。

ただし、髪質や肌質に合わず、頭皮トラブルが起こった際は、すぐに使用を中止しましょう。

市販のラウリル硫酸Naが配合されたシャンプーが合わなかった際は、無添加やオーガニックシャンプーを使用すると頭皮や髪への負担も軽減することができます。

そのようなシャンプーを選ぶときも、自分の髪質に合ったシャンプーを使用するようにしましょう。

>シャンプーの選び方について確認する