紫外線はパサパサ髪の原因に!?

紫外線と聞くと、肌に良くないイメージが強いかと思います。

外出時は肌の紫外線対策をする方が多いかと思いますが、髪の紫外線対策を日常的にしている方はそこまで多くありません。

しかし、髪は紫外線によるダメージを受けるので、そのままにしておくと髪がパサパサになり、傷む大きな原因です。

これから、パサパサ髪になる紫外線ダメージのメカニズムについて詳しく解説していきます。

紫外線が髪をパサパサにすることによるヘアトラブルとそのメカニズムとは?

紫外線は、髪をパサパサにしてしまうので、以下のようなヘアトラブルに繋がってしまいます。

切れ毛・枝毛

そもそも髪は、アミノ酸システインが結合してできています。

そのため、紫外線のアミノ酸システインを分解する作用によって、髪がパサパサになり、切れ毛や枝毛などのトラブルが起こってしまうのです。

特に髪が弱っていると感じる場合は、紫外線が原因で抜け毛が増えることもありますので注意しておきましょう。

メラニンの分解

紫外線の中には、UV-波というものがあり、髪のメラニン色素を分解する作用があります。

よって、紫外線は髪をパサパサにするだけでなく、色が抜ける原因です。

特にパーマやカラーを繰り返し行っている弱った髪は、通常よりも紫外線のダメージを吸収しやすいので注意しておきましょう。

>ヘアカラー・パーマによるパサパサ髪の原因について確認する

また、紫外線は、白髪が増える原因にもなりますので、年齢と共に白髪が増えるのが気になる人は紫外線予防をすることをおすすめします。

頭皮環境が乱れる

頭皮も肌と同じ皮膚なので、紫外線によるダメージで黒く変色してしまいます。

そもそも髪の毛は頭皮から発育されるため、頭皮に紫外線ダメージが蓄積されてしまうと、健康な髪を生やせずにパサパサになってしまうのです。

紫外線による髪のパサパサを解消するには?

紫外線ダメージは、外出時に帽子や日傘を使用することで防止することができます。

しかし、常に帽子や日傘を使用するのは難しいですよね。

パサパサ髪は、毎日のトリートメントや洗い流さないトリートメントで髪のダメージ補修し、予防することが可能です。

>トリートメントの効果について確認する
>洗い流さないトリートメントの効果と選び方について確認する

また、トリートメントはパックのように上から蒸しタオルをすることで美容成分が髪に浸透しやすくなります。

洗い流すときも熱いお湯ではなく、ぬるま湯を使用すると頭皮への負担を軽減しておきましょう。

まとめ

紫外線による髪のダメージは、髪が傷んでパサパサになる原因のひとつです。

外出時に帽子の着用や洗い流さないトリートメントを使ったヘアケアで、紫外線対策をすることができますので、髪のパサパサが気になる人は試してみると良いでしょう。