髪がパサパサになるのは乾燥が原因?

髪の悩みの中でも、多くの人が「乾燥」に悩んでおり、ケアをしてもすぐにパサパサになってしまうなんてことも少なくありません。

このように、髪は乾燥すると、髪にツヤが無くなりパサパサになって見た目も悪くなってしまいます。

さらに、髪の乾燥は、静電気を起こりやすくなるので、枝毛や切れ毛の原因に繋がります。

よってこれからは、髪のパサパサを予防してツヤを出すためにも、なぜ髪が乾燥してしまうのかを把握しておきましょう。

髪が乾燥する原因とは?

髪のパサパサを改善するために、髪が乾燥する原因について説明します。

ヘアアイロンやコテ

毎朝ヘアアイロンやコテでヘアセットを行っている人は、髪のキューティクルが剥がれやすくなります。

髪のキューティクルは、熱に弱いのでアイロンやコテの熱ダメージで剥がれてしまうのです。

>キューティクルについて確認する

そのため、髪が乾燥してパサパサになってしまいます。

コテやアイロンの熱ダメージによって髪が乾燥しないようにするには、洗い流さないトリートメントで髪の保護や保湿をしっかり行うことが大切です。

>洗い流さないトリートメントの効果と選び方を確認する

自然乾燥

髪を熱ダメージから守るために、ドライヤーをしない人もいますが、髪の自然乾燥は髪に負担をかけてしまいます。

また、髪が濡れたまま寝てしまうと枕の摩擦で髪のキューティクルが剥がれて、余計に乾燥してしまうのです。

よって、お風呂上がりには、なるべく髪が濡れている時間を取らないように、ドライヤーで早く乾かしておきましょう。

>ドライヤーの熱から守る洗い流さないトリートメントを確認する

髪の栄養不足

髪の乾燥対策をしっかりとしていても髪に栄養が届いて良ければ意味がありません。

>髪が栄養不足になる原因について確認する

髪に栄養を届けるためには、血液循環も重要となります。

よって、頭皮マッサージで頭皮の血行を良くして髪に必要な栄養を摂取することで髪の乾燥を防ぐことが可能です。

>パサパサ髪を改善する食べ物やサプリについて確認する

エアコン

夏や冬は、エアコンを使用することが多くなりますよね。

エアコンの効いた部屋にいると、どうしても髪が乾燥しやすくなり、パサパサになってしまいます。

冬場の場合は、外気も乾燥しており、外出時も髪が乾燥するので、こまめに洗い流さないトリートメントでケアしてあげましょう。

まとめ

上記の通り、髪が乾燥する原因は、さまざまなものがあります。

髪を乾燥から守るためには、洗い流さないトリートメントやシャンプー後のトリートメントで髪の保湿をするのが重要なポイントです。

>トリートメントの効果について確認する

また、上記の髪が乾燥する原因に注意をしておくことで、髪が乾燥するのを予防することができます。