パサパサ髪の原因は予防できる!

パサパサ髪は、多くの人が抱えるヘアトラブルですが、原因は人によってさまざまです。

どの原因も普段のヘアケアを工夫することで予防できるので、パサパサ髪は放置しないようにしておきましょう。

パサパサ髪は放置しておくと、見た目が悪くなるだけでなく、切れ毛や枝毛などの他のヘアトラブルに繋がります。

これから、パサパサ髪の原因を詳しく解説するので、自分の原因を見付けて逸早く予防しておきましょう。

髪がパサパサになる原因とは?

髪がパサパサにするのは、髪の毛の表面を覆っているキューティクルが傷ついている証拠です。

>キューティクルについて詳しく確認する

また、キューティクルは一度傷つくと、新しい髪が発育されない限り修復することができない難しい問題になってきますので、以下のことに心当たりがある方は注意しておかなければなりません。

年齢によるヘアサイクルの変化

年齢を重ねることで、髪は細くなったり、パサパサになったりしてしまいますが、これはヘアサイクルの変化が原因です。

若い内は、髪の生え変わりサイクルが早くても、年齢を重ねるにつれてそのサイクルは遅くなっていくのです。

また、パサパサ髪は実年齢よりも老けてみせる原因になるので、年齢によってヘアケアを変えていくことが大切です。

>年齢によるパサパサ髪の原因について確認する

髪の栄養不足

髪の毛は、外部からの刺激でキューティクルが剥がれると、栄養が蓄えることができずにパサパサになってしまいます。

また、日頃の食事が偏っていたり、無理なダイエットによる食事制限をしていると、栄養バランスが乱れて髪にも栄養が届かなくなってしまうので、注意が必要です。

>パサパサ髪を改善する食べ物について確認する
>栄養不足によるパサパサ髪の原因について確認する

ヘアカラー・パーマ

ヘアカラーやパーマは、キューティクルを開いて、髪の内部に化学反応を起こすため、パサパサ髪の大きな原因です。

特にヘアカラーは、定期的に行っている方もいるかと思いますが、そのような場合は、カラートリートメントで髪を染めて少しでもヘアダメージを予防しておきましょう。

>カラートリートメントについて詳しく確認する

髪の乾かし方

お風呂上がりには、髪をドライヤーで乾かすかと思いますが、その乾かし方によっては、ドライヤーの熱で髪にダメージを与え、パサパサ髪の原因になってしまいます。

>ドライヤーの効果と正しい使い方について確認する

また、自然乾燥はドライヤーよりも髪に大きな負担をかけてしまうので、お風呂上がりには正しい乾かし方ですぐにドライヤーをすることが大切です。

>パサパサ髪の原因になる乾かし方について確認する

乾燥

パサパサ髪は、髪が乾燥している証拠ですが、冬には大気が乾燥してしまうので、それによって余計に髪は乾燥してしまいます。

大気の乾燥はパサパサ髪になる一番の原因ですが、エアコンの送風による乾燥もパサパサ髪に大きく関係しているので、室内でもしっかり髪を保湿しておきましょう。

>乾燥によって起こるパサパサ髪の原因を詳しく確認する

紫外線

紫外線は、髪のキューティクル細胞を壊してしまうほどのダメージがあり、髪の毛をパサパサにしてしまう大きな原因のひとつです。

>紫外線によるパサパサ髪の原因について確認する

パサパサ髪を改善するには洗い流さないトリートメントがおすすめ!

上記の通り、髪がパサパサになるのは、さまざまな原因が関係していますが、これらは洗い流さないトリートメントで予防することが可能です。

また、洗い流さないトリートメントには、髪に必要な栄養成分が配合されているため、パサパサ髪の改善に役立ちます。

>洗い流さないトリートメントの効果と選び方について確認する